// 「うつ」と「サプリ」。成分セントジョーンズワートは本当に有効なの?

「うつ」と「サプリ」。成分セントジョーンズワートは本当に有効なの?

うつ病とは

うつ病とは、その名の通り、抑うつ状態が続く病気です。

「憂うつな気分」や「気持ちが重い」といった抑うつ状態がほぼ一日中あって、
それが長い期間続く、というのはうつ病の代表的な症状です。

眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない、
といったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。

うつ病の原因はいろいろありますが、精神的ストレスや身体的ストレスが重なって起こることもあります。

様々な理由から脳の機能障害が起きて、神経伝達物質が正常に機能しなくなります。

脳がうまく働いてくれないので、何に対してもものの見方が否定的になり、
自分がダメな人間だと感じてしまいます。

そのため普通なら乗り越えられるようなストレスも、他の人よりつらく感じてしまいます。

まさに悪循環ですね。

うつ病のサイン

自覚症状

次のような症状のうち、いくつかが2週間以上続いたらうつ病のサインかもしれません。

誰もが感じる普通の気分ですが、それが一日中、ほぼ絶え間なく感じられたら要注意です。

  • 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)
  • 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない
  • 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める
  • イライラして、何かにせき立てられているようで落ち着かない
  • 悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる
  • 思考力が落ちる
  • 死にたくなる

周りからみた症状てわかるサインもあります

周囲からみて、こんな変化があったら、うつ病の疑いが。

周りの人が「いつもと違う」と気づいたら、要注意です。

  • 表情が暗い
  • 涙もろくなった
  • 反応が遅い
  • 落ち着かない
  • 飲酒量が増える

体に出るサイン

抑うつ状態に気づく前に、体に変化が現れることもあります。

  • 食欲がない
  • 体がだるい
  • 疲れやすい
  • 性欲がない
  • 頭痛や肩こり
  • 動悸
  • 胃の不快感
  • 便秘がち
  • めまい
  • 口が渇く

対策

うつ病の治療は、精神科などを受診して薬を処方してもらうのが原則です。

生活習慣を改善することで快方に向かう場合もありますが、
確実に治るというものではありません。

能の機能障害が原因の場合、やはり薬が効果的です。

※症状によって薬が不要な場合もあります。主治医とよく相談してくださいね。

抗うつ剤と呼ばれているものもいろいろな種類があります。

もし、症状が軽く、医者に行くのも抵抗があるという場合は、
サプリで様子を見るという方法もあります。

セントジョーンズワートの効用

サプリによく配合されている成分で、抗うつ作用があると言われているのが、
セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)。

セントジョーンズワートは、うつ症状に対する効果を認める報告が複数なされており、
効用を認められてきた成分です。

だが、逆にセントジョーンズワートのうつに対する効用は認められないという研究結果もあり、議論が分かれるところです。

セントジョーンズワートに関し、今問題になっているのが、セントジョーンズワートが抗うつ剤の効果を阻害するという研究報告です。

セントジョーンズワートにはその他の副作用も報告されており、重篤化する危険も指摘されています。

サプリでうつ症状を和らげる場合、セントジョーンズワートが配合されいないものを選ぶようにするといいでしょう。

オススメは、ドクターポジティブイです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする