// 産後にお腹が戻らないのはどうして?対策はあるの?

産後にお腹が戻らないのはどうして?対策はあるの?

出産後、すぐにはお腹が戻らないのは仕方ないこと。

というのも赤ちゃんを守っていた子宮がまだ元の大きさに縮んでいないから。

しかし、産後数ヶ月経ってもお腹周りがたるんたるん…。

これが戻らないと不安になってきますよね。

今回の記事で原因と対策を理解し、
出産前のお腹に戻るお手伝いができれば幸いです。

産後にお腹のお肉が戻らない原因3つ

ストレスによる食欲の増加

産後、食欲が旺盛になる人は少なくありません。

特に母乳で子育てをしている人は、
赤ちゃんに必要な栄養も妊娠中に引き続き食べないといけないので。

しかし、必要以上に食べてしまう、
食欲が止まらない理由にはストレスも影響を与えています。

か弱い赤ちゃんを守るために、
お母さんは常に神経を張り詰めた状態が続くので、
仕方ないことかもしれません。

また、ストレスを放置していると
産後鬱など深刻な状況に陥る危険もあります。

無自覚にフラストレーションを溜めている場合もあるので、
ご自身はもちろんご家族の配慮も必要です。

運動不足

赤ちゃんから目が離せない時期が続くため、
どうしても家にこもりがち。

また、日々の家事も家族が手伝ってくれることも多く、
それまでよりも動く機会が失われがちです。

そのため、運動不足になって贅肉がついてしまう、
筋肉が衰えてしまうケースもあります。

筋肉が衰えると基礎代謝量が減り、
太りやすい体質になります。

そういったことで脂肪がつきやすくなる時期でもあります。

骨盤のゆがみ

妊娠中のお腹を支えるために
骨盤には大きな負担がかかっていました。

また、出産時には産道を広げるために
骨盤が大きく開きます。

すぐに骨盤が戻ればよいのですが、
ホルモンの影響もあってしばらくはそのままです。

骨盤がゆがんだままだと、
本来支えるべき内臓を支えられずに落ちてしまい、
このせいでポッコリしたお腹に見えてしまいます。

どんな対策をしたらいい?

最初の1~2ヶ月は慌てないこと

産後4~6週間かけて大きくなった子宮が
小さくなっていきます。

この時期に自然とお腹が戻る人もいますので、
出産後すぐに慌てて対策に取り組む必要はありません。

むしろ、「床上げ」でお母さんの体を休ませる大切な時期。

無理をしてはいけません。

ストレスを溜めない工夫

妊娠前のように外出したり、
スポーツに情熱を傾けるのは難しいでしょう。

代わりになる趣味を用意しておくとよいでしょう。

今ならスマホで気軽に情報が収集できるので
ネットサーフィンもいいですね。

ここでいう趣味は継続が目的なのではなく、
ストレス発散のためのものですので、
飽きたらポイ!で構いません。

赤ちゃんを数時間、
信頼できる人に預けて
デートやお友達とお出かけというのも良い方法。

身近に赤ちゃんを任せられる親族がいない場合には
ベビーシッターやファミリーサポートの利用も考えてみてください。

最近は託児所付きの美容院やショッピングセンターもありますよ。

食欲が暴走しそうな時には

自制心が大事とは言いますが、
空腹は耐え難いものです。

そんな時におやつに手を出してしまいますが、
同じ食べるにしても少し工夫をしましょう。

低カロリー・低糖質のおやつを選ぶことで、
体に脂肪がつくことをある程度防止することは可能ですよね。

例えば、コンニャクや寒天でできたゼリーは
カロリー0のものが多い上に
フレーバーも豊富で、
飽きずに食べることができます。

ダイエットに人気のマクロビおやつも、
白砂糖や卵、油を使用しないため安心。

咀嚼が増え、
満腹感を得やすいスルメやニボシは、
カルシウムの補給もできて一石二鳥。

ただし、これらの食品は塩分の使用量が多いため、
バカバカ食べて良いものではありません。

市販のおやつを購入するなら
「ロカボマーク」
のついた商品を選ぶと良いですよ。

手作りなら、
レンジで作る揚げない野菜チップスもオススメ。

クッキー等も牛乳を豆乳に変えたり、
小麦粉をおからパウダーに変えたりして作ると、
腹持ちはそのままに糖質とカロリーを抑えられます。

どうしても甘味が欲しい人は
白砂糖の代わりに

オリゴ糖や「ラカントs」を使ってみてはいかがでしょうか。

エクササイズの導入

本格的な運動は無理でも、
お家でできるエクササイズはいくつもあります。

寝そべったままできる腹筋運動が代表的ですね。

赤ちゃんを抱っこしたままできる
ヨガポーズなんていうものもあります。

大事なのは「〇分、●回やるぞ!」と気負うのではなく、
できるときにちょこちょこ取り入れること。

普通なら目標を立てるのは良いことですが、
意のままにならない乳幼児がいる場合は
気がそちらに向いて目標をクリアできないことも多く、
またそれがストレスに繋がるからです。

骨盤対策

骨盤のゆがみは意外と自覚できないもの。

結構努力しているのに、
いつまでもお腹が戻らないゾ…
となったら骨盤を疑ってみましょう。

ベストの対策としては
整体院で調整してもらうことですが、
お金も掛かりますし、
子育て中に予約の時間に合わせて行動するのも大変。

そんな時に活躍するのが骨盤補整ガードルです。

履くだけなので、忙しいママさんでも大丈夫。

なかでも
「マジカルシェリー」
は対応サイズが豊富で、
産後にサイズが大幅に増えた人でも大助かり。

ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

↓マジカルシェリーの詳細ページ↓
⇒マジカルシェリーの履き方を詳しく解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする