ミルボントリートメントの違いと選び方。選び間違えて後悔しないために!

ミルボントリートメントの違いと選び方。選び間違えて後悔しないために!

ミルボントリートメント、ディーセス エルジューダシリーズは洗い流さないトリートメントとして大人気ですね。
種類は全部で10!後悔しないためには、選び方が大事です。
そこで各商品の違いと選び方をおさらいしてみます。
エルジューダ選びは、間違えると効果半減!あなたの髪に最適の1本を探してくださいね。

ミルボントリートメント

ミルボンの洗い流さないトリートメント、ディーセス エルジューダが大人気ですね。

アマゾンのビューティーランキングで11位、楽天トリートメントランキングでも10位ですので、大変な売れ行きです。

そんなミルボンのトリートメントですが、ともかく種類が多い。

何を選んでいいか分からなくて、迷っている人も多いのでは?

そんなあなたに、もう迷わないミルボン選びを紹介します。

ミルボントリートメントは、2019年2月現在で、10種類発売されています。

え?そんなにあるの?と驚いてはいられません。2018年に2種追加されて10種となったので、今後も増えていく可能性大です。

さまざまな役割に特化したトリートメントを提供するという、ミルボンのこだわりが凄いですね。

さて、10種のトリートメントは、実は大きく5つに分類されます。

では、それぞれの特徴とおススメの髪質を見ていきましょう。

1.きれいなスタイリングならオイルタイプ

ヘアスタイリングのきれいなフォルムを作るためのトリートメントです。

美容効果にすぐれ、ビタミンも多く含んだバオバブオイルが配合されています。

この優れたオイルがキューティクルに作用して、髪の形状を維持します。

コシがない髪

髪にコシがなくてスタイリングがしにくいという人は、イエロー容器の
ミルボン ディーセスエルジューダFO
を使います。

髪のコシを与える成分が配合されており、髪内部のダメージを修復して、さらに荒れたキューティクルも整えてくれます。

髪をいたわりながら、髪にコシを与えてスタイリングが楽しめるようになります。

↓髪にコシがない人は下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

硬い髪

髪が硬くておさまりにくい人は、オレンジ容器の
ミルボン ディーセスエルジューダMO
を使います。

アットコスメベストコスメアワード2015~2017では連続第3位の実績があります。

髪内部に浸透し、潤いを与え、適度な柔らかさにします。

髪にまとまりが出て、スタイリングが楽しくなりますよ。

↓髪が硬い人は下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

2.ダメージケアならミルクタイプ

ダメージケアを主眼にしたトリートメントです。

ミルボン独自のダメージケア成分を配合していて、髪質をふんわりとやわらかい感じ導きます。

細い髪

髪が細く、コシがないという人は、薄いピンク容器の
ミルボン ディーセスエマルジョン
を使用します。

細い髪は、髪内部の物質にスキマが空いていると言われています。

そのスキマを水分を埋め、髪のコシを出すためには、、高い保湿成分を持つこの1本がおススメです。

↓細い髪の人は下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

普通~太い髪

濃いピンク容器の
ミルボン ディーセスエマルジョン+
を使います。

アットコスメのベストコスメアワードでも常連で、大人気商品です。

頭皮の奥まで浸透して、保湿するアクアコラーゲンが配合されています。

太い髪は、髪内部の物質の密度が高いので、髪に水分を持たせることで密度を和らげます。

太い扱いにくい髪を、やわらかく扱いやすい髪に導いてくれます。

↓普通~太い髪の人は下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

3.軽やかな自然なラフさを目指すライトオイルタイプ

軽やかな動き、自然なラフさを目指すならライトオイルタイプがいいでしょう。

毛先からではなく、髪の根本からかき上げるようにして付けていきます。

ふんわりとした程よい感じに髪がまとまります。

やわらかい髪

やわらかすぎる髪の人は、
ミルボン エルジューダ リンバーセラム
を使用します。

やわらかい髪は、キューティクルが薄いので、髪表面に厚みをもたせるアクリルオイルという成分を配合しています。

髪にコシが生まれ、エアリーな髪へと導いてくれます。
↓やわらかい髪の下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

普通~硬めの髪

普通~硬めの髪で、エアリーな髪にしたい人は、
ミルボン エルジューダ メロウセラム
を使用します。

硬めの髪は、髪内部の密度が高く、詰まっています。

髪に適度な水分を持たせて、密度をやわらげ、スタイリングしやすくします。

配合されているシアオイルが、硬めの髪をやわらかくし、しなやかな感じにします。

↓普通~硬めの髪の人は下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

4.機能重視ならUVカットタイプ

キューティクルにダメージを与える紫外線から髪を守るトリートメントです。

UVカット成分ばかりでは、髪がごわごわとしてしまいますので、髪をなめらかにする成分も合わせて配合。

紫外線から髪を守りつつ、なめらかな手触りを実現しました。

UVカット+キューティクルを保護

紫外線をカットし、合わせてキューティクルを保護するなら、
ミルボン ディーセスサントリートメントセラム
を使用します。

手触りがよく、まとまった感じに仕上がります。

↓キューティクル保護を重視する人は下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

UVカット+髪内部から保湿

紫外線をカットし、合わせて髪内部の水分量を高めて保湿を行うなら、
ミルボン ディーセスサントリートメントエマルジョン
を使用します。

やわらかく、ふんわりとした感じに仕上がります。

↓髪の水分量を高めたい人は下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

5.加齢により傷んだ髪にはブレンドオイルタイプ

加齢とともに傷んでくる髪を、女性らしいやわらかな髪へと導くためのトリートメントです。

2018年4月発売で、ミルボンディーセス エルジューダシリーズの最新作です。

特徴は3種のブレンドオイルで、優れた保湿効果を持ち、幅広い髪質に対応できます。

また熱による髪の老化を防ぐ成分、高いダメージケア成分も配合されていて、アンチエイジング効果が期待できます。

しなやかで指通りのよい髪を目指す

しなやかで指通りのよい髪を目指す人は、
ミルボンエルジューダグレイスオンセラム
を使用します。

キューティクルの保護し、髪を柔軟にしてくれます。

毛先のザラザラ、毛先の広がりが気になる人におススメです。

↓指通りのよい髪を目指す人は下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

エイジングケアを目指す

熱による老化防止、髪のダメージを修復してアンチエイジングを目指すなら
ミルボンエルジューダグレイスオンエマルジョン
を使用します。

保湿力が高く、髪を補修して若々しい、女性らしい髪へと導きます。

毛先のパサつきが気になる人におススメです。

↓エイジングケアを目指す人は下の画像をクリック↓楽天市場に移動します。

以上、10種のミルボントリートメントを紹介しましたが、お気に入りは見つかったでしょうか。

あなたに最適な1本で、ヘアケア、スタイリングを楽しんで、女子力アップを目指してください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする