// グリーンルイボスティーなら味にクセがない。妊婦・赤ちゃんでもOK!

グリーンルイボスティーなら味にクセがない。妊婦・赤ちゃんでもOK!

グリーンルイボスティーはクセがない味で好評です。

ルイボスティーというと、独特の匂いが苦手という人もいますが、ベジストーリーのグリーンルイボスティーなら大丈夫。

つわりのあるお母さんも、0才児でも抵抗なく飲むことができますよ。

親子で始める健康習慣、食後のお茶をグリーンルイボスティーに変えてみませんか。

グリーンルイボスティーの優しい味は赤ちゃんでもOK

ルイボスティーってが体にいいのは分かるけど、味が好みじゃないので飲まないとか、続かなかった、という人が多いですね。

しかし、ベジストーリーのグリーンルイボスティーは、文字通り一味違います。

モニターアンケートによると、

■通常のルイボスティーより飲みやすいと答えた人⇒「約97%」

■美味しいと答えた人⇒「約95.3%」

■毎日でも飲みたいと答えた人⇒「約96.9%」

と、飲みやすい、美味しいという声が圧倒的多数を占めました。

他の口コミを見ても、
「ルイボスはクセがあるものが多いけど、珍しいほど全くクセがない」
「アイスにしても美味しい。香りがいいのでごくごく飲めちゃいます」
など、グリーンルイボスティーの味は高評価です。

妊娠中は、普段飲んでいるものが飲めなくなるなど、味の好みが変わってしまうこともありますが、グリーンルイボスティーはクセがないので、妊娠中のお母さんでも抵抗なく飲めます。

また、ベジストーリーのグリーンルイボスティーの凄いところは、赤ちゃんでも飲めるということ!

妊活中、妊娠中、授乳中のお母さんにはもちろん飲んで欲しいのですが、乳児が飲んでも大丈夫。

カフェインが含まれておらず、タンニンもコーヒー・紅茶の1/3という優しい飲み物なんです。

味にクセがないので、赤ちゃんも喜んで飲んでくれそうですね。

お母さんと赤ちゃんと、家族みんなの健康のために、一緒に飲むのもおススメです。

30包入りで1,699円、定期コースなら1,499円。

コスパも良いので、毎日愛飲して栄養サポートをしていきましょう。

⇒グリーンルイボスティーを始めるなら、こちらのの公式サイトへ

グリーンルイボスティーは妊活の強い味方

グリーンルイボスティーを特におススメしたいのは、

・妊娠中の人
・授乳中の人

ですが、健康を維持したい女性全てに飲んで欲しいお茶です。

日焼けや運動やストレス、油の多い食事などで発生する活性酸素が、ホルモンバランスを崩し、冷え性、シミ・シワ、不妊症、糖尿病、心筋梗塞など、体の様々な不調の原因となります。

グリーンルイボスティーは抗活性の働きが強く、通常の野菜の100倍以上、他のルイボスティーと比べても7倍という結果が出ています。活性酸素を抑え、体を若々しく、健康に保つ働きがあるんです。

だから、溜め込まない、健康な体作りを目指す全ての女性に、グリーンルイボスティーをおススメしています。

まして、お腹の赤ちゃんのために様々な栄養素が必要なお母さんには、なおさら飲んで欲しい。

妊婦さんに特におススメしたい理由が3つあります。

①ノンカフェイン、ノンカロリーであること。
妊娠中のカフェインは禁物です。その点、グリーンルイボスティーはカフェインゼロなので安心です。
また鉄分の吸収を阻害するタンニンの量が、他の紅茶などに比べ少ないのも安心材料です。

②ポリフェノール・ミネラルがたっぷり配合されていること。
たっぷりの栄養素が、ママの健康を支えます。ママが健康になれば、赤ちゃんもスクスク育ちますね。

③キレイを作る栄養素が凝縮されていること。
妊娠中は、ついつい後回しになってしまう、キレイへのこだわりも、グリーンルイボスティーが後押ししてくれます。

グリーンルイボスティーは妊活を力強く支えてくれます。

毎日飲むお茶を、グリーンルイボスティーに変えるだけ。

赤ちゃんの健康のためにも、ぜひ習慣にしてください。

普通のルイボスティーとの違い

そもそもルイボスティーとは、南アフリカの特定地域でした栽培できないルイボスという植物を発酵させたお茶です。

現地では「奇跡のお茶」と呼ばれ、古くから飲まれていたそうです。栄養価が高く、かつカフェインを含まない、体に優しいお茶なんです。

グリーンルイボスティーと普通のルイボスティーとの違いは、大きく2つ。

1.非発酵

実は発酵させると一部の栄養価が失われてしまうんです。グリーンルイボスティーは発酵させないことで、高い栄養価を維持しています。

例えば、抗酸化作用が強いポリフェノールの含有量が、普通のルイボスティーの2~4倍になります。

またルイボス固有のフラボノイドであるアスパラチンは、発酵ルイボスの40倍含まれています。
アスパラチンは血糖値の上昇を抑制し糖尿病を予防する効果やメタボリックシンドロームを予防する効果、酸化ストレスを抑制する効果があるそうです。

他にも、フルーツ酸やミネラルなど、ママに優しい栄養素をたっぷり含んでいます。

2.紅茶のようなクセのない味

妊娠中はつわりもあり、匂いや味に敏感になります。そういう時期でも、飲めるように、クセがなく、飲みやすい味になっています。口コミでも、美味しいという声が多数を占めていますので、ルイボスティーが苦手という方でも大丈夫です。

グリーンルイボスティーは今注目のルイボスティーを、さらにパワーアップした、お母さんと赤ちゃんのための飲料です。

0才の赤ちゃんが、美味しそうにごくごく飲んでいるという報告も。

ぜひ親子で愛飲して、健康なママライフを楽しんでください。

⇒非発酵が凄い!グリーンルイボスティーを始めるならこちらから

妊娠中の食事は飲料でサポート

赤ちゃんが健康に育つために、お母さんが注意しなければならない点はなんでしょうか。

妊娠中では、赤ちゃんのためにもバランスのよい食事を取ることが大切になってきます。

お母さんの栄養が偏っていては、赤ちゃんにも影響してしまいます。

食事に気を付けるのはもちろんですが、実は、飲み物で補うのも手軽でおススメなんです。

水分を取るときは、お母さん自身のストレスから活性酸素が活発になりますので、抗酸化作用が高い飲み物でノンカフェインのものを選ぶといいでしょう。

また妊娠中はつわりなどで思うように食事が取れないこともあります。

そういう時こそ飲み物が役に立ちます。栄養を補い、赤ちゃんの成長をサポートします。

グリーンルイボスティーなら、オーガニックの厳選茶葉を使用しているので安心安全です。

またノンカフェインで、タンニンが紅茶などの1/3ほどなので、妊娠中に不足しやすい鉄分の吸収が阻害されません。

強い抗酸化作用で、妊娠中のストレスケアにも効果があります。

そして何より、美味しいので抵抗なく毎日飲むことができます。

食後の一杯を、お母さんと赤ちゃんの健康をサポートするグリーンルイボスティーにしてみてはいかがでしょうか。

グリーンルイボスティーを楽天で購入してはいけないわけ

グリーンルイボスティーは人気商品ですので、検索するといろいろと出てきます。

「ルイボスティー」ではもちろんですが、「グリーンルイボスティー」で調べても、たくさんの商品が出てきます。

オーガニックを謳っているものもあります。

同じグリーンルイボスティーでも、メーカーによって品質も製法も異なります。

おススメは「ベジストーリー」のグリーンルイボスティーです。

うっかり違うものを買ってしまうと、味も効果も期待はずれなどということにもなりかねません。

間違えないために、グリーンルイボスティーを購入する際には、「公式サイト」からにしてください。

公式サイトの定期コースだと、通常購入が1,699円(税別)から200円引きの1,499円で送料無料になります。

1回に2袋まではネコポスですが、それ以上購入する場合でも送料は無料なので安心!

お試しをしたいので、いきなり定期コースはちょっと…
とお考えの方も、大丈夫。

このグリーンルイボスティーの定期コースは「1回だけの注文でOK」。回数しばりがないので、まずは試して合わなければそのまま解約しても問題はありません。

詳細は公式サイトで確認してくださいね。

⇒回数しばりなし。お得な定期コースの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする