テストフェン18000でハゲる?ネットの噂を徹底検証!

テストフェン18000でハゲる?ネットの噂を徹底検証!

テストフェン18000でハゲるという噂がありますが、真実は真逆な結果に!ハゲ、薄毛とテストフェン18000との関連を分析します。またテストフェンと男性ホルモンとの関係や期待効果、副作用から最安値販売店まで、お役立ち情報満載です。

▼テストフェン18000公式サイト▼


テストフェン18000でハゲるって本当?

テストフェン18000でハゲるという噂をネットで時々見かけますが、実際のところはどうなのでしょう。

効果があって筋肉がついたとしても、ハゲるのは勘弁と、使用をためらう人もいるのでは?

そんな心配性な人のために、テストフェン18000にハゲる要素が含まれているのか、検証してみます。

テストフェン18000は、その名の通り、「テストフェン」がメイン成分です。

テストフェンは、フェヌグリークというインドやアフリカなどで栽培されている植物の種子から抽出されます。

紀元前からの歴史があり、男性機能の向上や臓器の修復に効果があると言われています。

テストフェンが男性機能を向上させるのは、男性ホルモンの「テストステロン」をアップさせる働きがあるからです。

このテストステロンですが、

・筋肉量の増加
・骨格の成長
・性欲の増加
・活力、行動力の増進

などの作用があるとされている、男性に有用なホルモンなんです。

ちなみにテストステロンに、ハゲを起こす作用はありません。

だから、テストステロンの摂取がハゲにつながることはありません。

ハゲを起こすのは、テストステロン自体ではなく、テストステロンと「Ⅱ型5αリダクターゼ」という酵素が結びついてできる「DHT」というホルモンです。

DHTは薄毛の進行だけでなく、精力減退や前立腺肥大をもたらしますが、主に3つの要因で増殖します。

1.ストレス
2.栄養の偏り
3.運動不足
4.男性ホルモンの減少

ストレスを減らし、食生活の改善もDHT抑制に効果的ですが、加齢により減少する男性ホルモンを、テストフェン18000で補えば、むしろ薄毛の解消に役立つんです。

だから、
『テストステロンが多ければハゲない=テストフェンの摂取は男性にとって嬉しいことばかり』
ってこと!

それがわかれば、悩む必要はないですよね。

⇒テストフェン18000でボディメイク!公式サイトへ

本格派アスリートも愛用してます

テストフェン18000は本格派のアスリートにも人気があります。

体作りのプロに選ばれるには、それなりの理由があるのですね。

1.体のコンディションをサポート
体作りのためには、体のコンディションを整えることが大切なのは言うまでもありませんね。
テストフェンは、この体のコンデションを強力にサポートします。

2.飲みやすい
カプセルタイプなので、何かに溶かす必要もなく、どこでもすぐに飲むことができます。
しかも小粒なので飲みやすい。毎日続けるためには、飲みやすさ、手軽さも重要です。

3.運動へのモチベーションアップ
毎日服用することで、活力がアップし、体のコンディションが整えられます。
エネルギーがみなぎることで、自然と運動しよう、運動したいとというやる気がアップします。

4.続け安い価格
毎日飲むものですので、価格も重要なポイントですよね。
経済的に負担になるようでしたら、続けたくとも続けられないということにも。
テストフェン18000は愛用者の負担を減らしながらも、確かな効果を追及しています。
そのコスパのよさが、アスリートの方達から支持される要因のひとつです。

5.理想的な成分配合量
成分がどんなによくてもバランスが悪くては意味がありません。
テストフェンでは、長年の研究を通して、理想的な成分配合量を開発、実現しています。

成分、価格、飲みやすさ、効果、様々な面から高い満足度を実現したこの製品が、本格派のアスリートの方に愛用者が多いのも頷けます。

しかも、純国産!

テストフェン18000が人気なのも、当たり前ですね。

テストフェン18000の効果的な飲み方

1日3粒を目安に、水またはぬるま湯で飲んでください。

サプリメントなので、食後でなければいけないとか、寝る前に飲むことなどというきまりはありません。

いつ飲むかというよりも、飲むことを習慣にして、継続することの方が大事です。

サプリメントは即効性のあるものではなく、何カ月か続けることで効果が実感できます。

また飲んだり飲まなかったりと、ムラがあるのもおススメできません。きちんと、毎日決められた量を服用してください。

いつ飲むんだらいいか迷ってしまうという人は、寝る2~3時間前に飲まれてはいかがでしょうか。

テストステロンは睡眠中に分泌量が多くなりますので、消化速度など考えると、少し時間をあけて、寝る2~3時間前がおススメです。

またテストステロンは筋トレやストレッチなど、体を動かすことで分泌量を増やすこともできます。

トレーニング前など、それぞれの目的に合わせて服用していただければ、問題ありません。

当たり前のことですが、テストフェン18000を続けていても、生活習慣が悪いようでは、なかなか効果は出ません。

栄養バランスのよい食事、適度な運動、質のよい睡眠など、体作りに大切な習慣を意識してくださいね。

厳しいトレーニングを行っているアスリートの方は、筋肉への高度な負担や食事制限などで、ホルモンバランスが乱れがちです。

テストフェン18000で日々テストステロンを補うことで、ホルモンバランスを整えれば、より運動効果を高めることにも役立ちます。

アスリートの方にも、活力増進を目的とした一般の方にも、おススメのテストフェン18000ですが、いずれにせよ短期間でやめてしまえば意味がないので、注意してくださいね。

⇒テストフェン18000「毎月500名限定」半額キャンペーンへ!

副作用は大丈夫なの?

サプリメントは毎日飲むものですので、副作用は気になりますよね。

成分はいたってシンプルで、以下のようです。

フェヌグリーク種子エキス末、ビール酵母/ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素

フェヌグリーク種子エキスはいわゆるテストフェンと呼ばれるものです。

香辛料の一種で、カレーなどに使われたり、ヨーロッパでは胃腸向けの薬草、漢方でも強壮や腎のための薬とされています。

テストフェンにはその他にも、血中コレステロールの低下や脂肪の蓄積を抑える働きに関係することも明らかになっている、体によい様々な効果を持つ、スーパーな成分なんですね。

活力が衰えてきたと感じている中高年の方や、ダイエットを目指している方にも、おススメです。

ビール酵母には、ビタミンB群、ミネラル、アミノ酸、食物繊維などなど、たくさんの栄養素と、体内で作ることのできない必須アミノ酸も含まれており、ダイエット、美肌、美髪、さらに身体機能全体の活性化にも効果があると言われています。

テストフェン18000の成分には、体によいものばかりで、副作用を起こすようなものは含まれておりません。

結果、テストフェン18000には「副作用はない」となります。

また、アスリートにとってはドーピングなども気になりますが、本格派アスリートのために作られたボディメイク系サプリなので、心配することはありません。

ただ、これだけでは成分が安全なだけでテストフェンは副作用があるかどうかわからないのでは?と思うかもしれませんが

1.純国産のボディメイク系サプリ
2.アジアゴールデンスターアワードを受賞
3.「三生医薬株式会社」という医薬会社で製造

などの特徴もあり、品質面や安全性でも問題ありません。

最安値で購入するならこの店舗で

テストフェン18000は、楽天・amazonで扱っています。

価格は両方とも5400円ですので、どちらで購入しても差がありません。

楽天には定期コースもあって、そちらは4320円となっています。

それに対し、公式サイトでは、

標準価格:5000円

ですが、定期コースなら、

■1個(50%OFF)→2,500円(初回限定価格)

■2個(50%OFF)→5,000円(初回限定価格)

■3個(50%OFF)→7,500円(初回限定価格)

と、半額で買えてしまいますので、購入するなら「定期コース」がオススメ!

2回目以降も、割引価格になりますので、お得です。

■1個(20%OFF)→4,000円(2回目以降価格)

■2個(25%OFF)→7,500円(2回目以降価格)

■3個(30%OFF)→10,500円(2回目以降価格)

初回限定価格は送料無料ですが、2回目以降は+600円の送料がかかります。

テストフェン18000は習慣にして毎日継続することが大切です。

そのため、リピする人のことを考えて定期コースで割引価格になります。

定期コースの条件として、継続回数が3回以上となっています。

3回未満で解約する場合は、都度購入で購入したのと同じ扱いになるため、差額が請求されるだけで、

・解約金
・解約できない

などのトラブルはないので安心です。

もちろん、4回目以降は中断・解約は自由です。お届け日の10日までに電話やメールで知らせるようにしてください。

対応は平日営業日になりますので、中断・解約の10日前が土日の場合は気を付けてくださいね。

テストフェン18000は最初にお伝えしたように継続が大切です。

1ヶ月で効果がないとあきらめてしまわず、最低限3ヶ月は継続するように心がけましょう。

⇒初回半額!テストフェンの購入は公式サイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする